読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GARMIN でライフログを取ってます。ブログ

vivosmart J → vivosmart J HR+ → ForeAthlete 735XTJ。超初心者ランナー。アラフォーの視点でありきたりじゃないことを適当に書いていきたい。

スマホとタブレットの2台持ち開始 (HUAWEI MediaPad M3 に Tikimo SIM)

コンピュータ・IT レビュー

スマホタブレットの役割分担

スマホは Zenfone2 に OCNモバイルONE の格安SIMを差して使っています。Zenfone2 が1年半を過ぎて、バッテリーの持ちが悪くなってきたので、買い替えを検討。大画面が欲しくて、最初は HUAWEI Mate 9Zenfone 3 Ultra を検討したのですが、いかんせん普段持ち歩くには大きすぎる、そして高すぎる。

 いろいろ悩んだ結果、スマホタブレットの2台持ちに移行することにしました。いや、以前からタブレットも使っていましたが、常に持ち歩きはしておらず、今回は「常時2台持ちで、スマホと役割分担する」ことを始めました。

  • スマホは常時必要なアプリ(主に、GARMIN端末で通知を受け取るもの)のみをインストール。使用アプリを絞り込むので、端末スペックは平均以下でもOK。タブレットメインとすることで、スマホを開く頻度は激減し、バッテリーの持ちも良くなるはず。
  • タブレットはメイン機であり、大抵持ち歩くが、まれに持ち歩かない状況でも問題ない、という位置づけ。電車で立ったまま使用するので、10インチは辛い、8インチでそこそこの性能のもの。

ざっと見積もってスマホ2万円+タブレット4万円。ちょうど高級スマホ1台分ですね。2台に分けることで故障のリスクを分散できるし、状況に応じて使い分けられる。あと、実は職業上タブレットとそこに差すSIMは自腹を切らなくて済むので、私にとっては予算的にも大幅に有利。

機種選択

機種をいろいろ検討した結果、タブレットは「HUAWEI MediaPad M3」を選択。中国メーカーで最初は少し抵抗あったが、ネット上の評判があまりにもいいので。ここでレビューはしませんが、とても良いです。特に指紋認証は快適。幸い、タッチ切れの不具合もない製品に当たった。プレミアム付属のケースも使いやすい。ただしランチャーは使い慣れた ZenUI Launcher に変えた。

スマホは「HUAWEI P9 lite」を狙ったが、よく考えると上記の用途だととりあえず現状の Zenfone2 がまだ使えるってことで、買い換えは先送り(Zenfone2には Edy を読むためのNFCが付いてるし)。

アプリ分担

それぞれ、主なインストールアプリは以下の通り。

Tikimo SIM

タブレットには、新たに Tikimo SIM を契約しました。いちねん契約(前払い)が可能な、貴重なMNVOです。月8GBコースを契約し、初期費用も合わせて最初の振込額(1年分)は 31,647円でした。マイナーなMNVOですので、通信速度等の情報がほとんどありませんが、今のところ問題なく快適に使用しています。3日間の通信量制限も無いようだし。

ForeAthlete 735XTJ ソフトウェアが 7.10 にバージョンアップ

ForeAthlete 735XTJ レビュー

3~4日前でしょうか、FA735本体のソフトウェアが 6.20→7.10 にバージョンアップされました。前回、6.20にバージョンアップされたときの記事 で少し触れたやつですね。

 

本日、いいよねっとさんのブログ でも書かれています。その更新内容は、

▼Ver.7.10で変更される内容
・Connect IQ 2.2.1のサポート
・ワークアウトが最大数を超えた場合の通知ページを追加

ワークアウトは使ってないから関係ない。Connect IQ 2.2.1 のサポートって言われても、それ自体の説明がないと意味がわからないじゃないか... ってことで、英語版のサイト を見てみると、

Changes made from version 6.20 to 7.10:

  • Added support for Connect IQ 2.2.1 SDK. See the Connect IQ 2.2.1 SDK for a list of new features.

SDK? ますますわからない (^_^;) 今度は「Connect IQ SDK」で検索してみると、「くろ」さんのブログ に行きつく。SDKとは Software Development Kit の略だそうで、どうやら Connect IQ のソフトウェアを自分で作る話みたいですね。ちょっと私には縁がない世界です。

 

ソフトウェアの更新があると、「どんな新しい機能が追加されたかな?」とワクワクするんですが、前回と今回の更新は、全く楽しくなかったです... (^_^;)

 

GARMIN ウェアラブル端末のスマート通知機能

ForeAthlete 735XTJ vivosmart J vivosmart J HR+ コンピュータ・IT レビュー

すっごく今さらな記事ですが。(^_^;)

 

生活必需機能と化したスマート通知

2015年1月にvivosmart J を使い始めたときは、スマホ連携はしていませんでした(対応スマホではなかったので)。その後、2015年5月にスマホを Zenfone2 に変え、Bluetooth接続でスマホ連携を始めると、その便利さにどっぷりとハマってしまいました。メールやLINE が届いていないかを確認するのに、わざわざスマホを取り出す必要がなくなり、即座に腕に巻いた端末が振動して知らせてくれるのですから。友人たちは、LINEへの反応の速さに、ずっとスマホばかりかまっている人間だと思われたことでしょう。(^_^;)

 

2015年当時、他のウェアラブル端末では、着信・SMSなど、ごく限られた通知しか受け取れない端末が多かった(今はどうか知りませんが。)なか、ガーミンは全てのアプリの通知を受け取ることができ、本当に便利でした(便利です)。

買い換え機種を検討する際、この機能の有無が第一条件となり、結果としてガーミンを使い続けています(vivosmart J HR+、ForeAthlete 735XTJ)。

 

スマート通知設定

GARMIN Connect Mobile で、「設定」―「通知機能」を選択。

f:id:nobu_o:20161230155446j:plain

この一覧から、デバイスに通知を送るアプリを選択する。

f:id:nobu_o:20161230155630j:plain f:id:nobu_o:20161230155659j:plain f:id:nobu_o:20161230155727j:plain

これらの画像に表示されているアプリは、デフォルトで登録されているものと、私が後から追加したものが混在しています。追加は、一番上の「スマート通知」と書かれている右側のメニューから、

f:id:nobu_o:20161230162519j:plain

「追加」を選択すると、スマホに入ってる全アプリが表示されるので、そこから選択します。

f:id:nobu_o:20161230160214j:plain

 

私のスマート通知設定

  • Gmail, LINE:最も頻繁に通知が入ります(1日数十件)。まず送信者が表示されますので、スマホを取り出してすぐ確認すべきか、後でいいか、判断します(端末でも、本文冒頭は確認可能。LINEに既読は付きません)。LINEグループで会話の流量が多いものは、通知を切っています。Gmailは重要度の低いものもすべて通知が来てしまいますが、我慢しています。フィルタを活用すれば改善されるのでしょうが。
  • Messenger, メッセンジャー(SMS用):滅多に通知は来ませんが、来た場合は重要なものですので、設定しています。
  • Twitter, Instagram:ダイレクトメッセージや@ツイート の他、「リツイートされました」「いいねされました」の通知も入れています。反応があると嬉しいので。(^_^;)
  • Y!天気:かなり重宝してます。アプリで「現在地への雨雲接近通知」を設定しているので、「文京区に雨雲が接近しています」などと端末に通知が入ります。
  • Y!ニュース:こちらも重宝してます。アプリで「防災通知を受け取る」を設定しているので、「地震情報(震度5弱以上)」「豪雨予報」「気象警報」の通知がまれに入ってきます(熊本地震の際、即座に端末に「熊本震度7」と表示され、焦りました)。他に「避難情報」「津波情報」「河川洪水」「火山情報」なども設定しています(まだ通知が来たことはありませんが)。
  • SMARTalk:最近、050番号を使用し始めたので、設定しています。着信後、「不在着信」などの通知が来ます。ほとんどかかってくることはありませんが。(^_^;)

 

接続通知も役に立つ

おまけですが、スマホとガーミン端末をBluetooth接続していると、距離が離れて接続が切れた際に、振動でお知らせしてくれます(その後、近づいて再接続された場合も振動)。スマホを忘れて家を出た時、すぐに気付きます。

あと、「もしかしたら」の想像ですが、たとえば電車やレストランでスマホを盗られたとすると、犯人がスマホを持って離れるとすぐに気付くことができ、また再接続の振動があると、犯人に近づいたことがわかります。もしかしたら捕まえられるかも知れませんね。(^_^;)

JogNote と Health Planet (と GARMIN Connect)

ヘルスケア コンピュータ・IT ForeAthlete 735XTJ

日々のランニング・ウォーキングのアクティビティデータは、自動的に保存される GARMIN Connect の他に、手動で JogNote にも入力しています(距離と時間だけですが)。

f:id:nobu_o:20161227173728p:plain

そもそもJogNoteを使い始めたのは、GARMIN Connect内に知り合いが全くいないので、誰かと一緒にランニングを楽しめたらいいな、と思ったから。JogNoteは登録者がたくさんいるようで、私の居住地近くらしき方もたくさんいて、最初の頃はその方たちの日記なども見ていたのですが...最初だけでしたね。(^_^;)

 

今は、ランニング・ウォーキングのグラフを見るだけに使ってます。もちろん GARMIN Connect にもグラフは表示されますが、JogNote のほうが綺麗で見やすくて気に入ってるので。

f:id:nobu_o:20161227181915p:plain

f:id:nobu_o:20161227182109p:plain

f:id:nobu_o:20161227182132p:plain

 

GARMIN Connect - JogNote 連携は現在不可能 

GARMIN Connect と JogNote は、Nike+ 経由で自動同期できるという記事もありますが(こちらの記事)、現在はどうやら不可能なようす。

f:id:nobu_o:20161227175020p:plain

「現在、NIKE+のデータインポート機能が、NIKE+側の仕様変更のためご利用になれません。」

 

JogNote - Health Planet 連携

タニタの体重計データが、タニタクラウドサービス Health Planet に入っていってるのですが(こちらの記事)、JogNote で Health Planet のデータを読み込むことができます。

JogNote マイページ左上の「インポート」から...

f:id:nobu_o:20161227180118p:plain

「からだカルテ・HealthPlanet」タブを選択し、「Import」をクリック。

f:id:nobu_o:20161227180246p:plain

自動同期ではなく、手動でImportをクリックする度に、前回以降のデータが転送される。

f:id:nobu_o:20161227182332p:plain

初回はもちろん Health Planet へのアクセス許可を求める画面が表示され、Health Planet のパスワードを入力する必要があったが、たしかその画面のアドレスが「https://」ではなく「http://」であった。私はセキュリティには全然詳しくないので、それで問題ないのかわからないが、ちょっと不安だったので、一旦 Health Planet のパスワードを変更してからアクセス許可をして、またパスワードを元に戻す、という手順を踏んだ(再度パスワードを求められることはなく、連携されたままとなった)。

あと、この手順の最中に、一度「ページが見つかりません」というJogNoteのページが表示されたが、問題なく連携は完了していた。JogNoteサイト自体、今はあまりメインテナンスされていない感じですかね...

ForeAthlete 735XTJ バッテリーの持ち実例

ForeAthlete 735XTJ レビュー

vivosmart J HR+ から FA735 に買い換えて、バッテリーの持ちはずいぶんよくなりました。実際どの程度持つのか、メモしておきます。

 

購入後約2ヶ月使用。電池の劣化はまだほとんど感じません。普段は、スマホBluetoothで接続しっぱなしです。ただし、睡眠前にスマホ機内モードにするので、睡眠中は接続は切れていることになります。

 

●充電1日目

22:00 バッテリー100%

●2日目

  朝、アラーム使用(バイブのみ)

10:00 バッテリー93%

22:00 バッテリー90%

●3日目

10:00 バッテリー87%

  ウォーキング(GPS ON)で20分使用

  ウォーキング(GPS ON)で35分使用

22:00 バッテリー72%

  ランニング(GPS ON)で32分使用

●4日目

10:00 バッテリー63%

  ウォーキング(GPS ON)で50分使用

22:00 バッテリー52%

●5日目

  朝、アラーム使用(バイブのみ)

10:00 バッテリー48%

20:30 バッテリー46%(ランニング直前)

  ランニング(GPS ONで42分使用)

21:25 バッテリー35%(ランニング直後)

(ここまで、GPS合計179分使用)

入浴中、充電(約45分後、バッテリー100%)

 

●再充電1日目

22:15 バッテリー100%

●2日目

  朝、アラーム使用(バイブのみ)

10:00 バッテリー94%

23:55 バッテリー90%

●3日目

  朝、アラーム使用(バイブのみ)

10:00 バッテリー88%

21:50 バッテリー84%(ウォーキング直前)

  ウォーキング(GPS ONで32分使用)

22:30 バッテリー78%(ウォーキング直後)

●4日目

  朝、アラーム3回使用(バイブのみ)

10:00 バッテリー76%

22:00 バッテリー72%

●5日目

  朝、アラーム使用(バイブのみ)

10:00 バッテリー69%

  ランニング(GPS ONで38分使用)

22:00 バッテリー56%

●6日目

11:30 バッテリー54%

  ウォーキング(GPS ONで46分使用)

22:00 バッテリー44%

●7日目

11:00 バッテリー41%

14:00 バッテリー41%(ウォーキング直前)

  ウォーキング(GPS ONで21分使用)

14:30 バッテリー36%(ウォーキング直後)

18:00 バッテリー34%(ウォーキング直前)

  ウォーキング(GPS ONで39分使用)

18:40 バッテリー25%(ウォーキング直後)

21:15 バッテリー23%

(再充電後ここまで、GPS合計176分使用)

入浴中、充電

22:05 バッテリー100%

22:15 バッテリー98%

22:50 バッテリー95%

翌10:00 バッテリー93%

 

かなり持ちが良いことがおわかりいただけるかと。グラフ化したら見易いんでしょうけど、その元気がありません。(^_^;)

大雑把にまとめると、

GPSを使わない時は1日約6%減

GPS使用30分あたり約5~6%減

満充電直後の減り方は早い(100%の表示が信頼できない?)

といったところです。

 

上記のうち、ウォーキングはアクティビティモードとしてはランニングで使用しています(こちらの記事)。

また、睡眠中以外の時間帯は、スマホからの通知・ムーブアラート・接続通知などで1日20~40回はバイブレーションしてます。バックライトは時計を見た時(日没から)、点灯時間は最短の8秒。心拍計ライフログはもちろんONです。