GARMIN でライフログを取ってます。ブログ

vivosmart J → vivosmart J HR+ → ForeAthlete 735XTJ。超初心者ランナー。アラフォーの視点でありきたりじゃないことを適当に書いていきたい。

HELLO CYCLINGを利用して起きたこと

自転車のシェアリングサービス HELLO CYCLING を本日利用し、ちょっとしたトラブルがあったので、メモしておきます。同サービスの利用は2回目、前回は特にトラブルなかったのですが。

 

利用計画

自宅から少し離れた会場でのイベントに参加するため、交通手段を検討したところ、会場の建物にHELLO CYCLINGのステーションがあることがわかり、利用することにした。自宅近くのステーションで借用し、片道30分もかからないだろうから、片道140円、往復280円との当初見込みであった。

 

返却しようとしたが

2回目の利用なので、借用はスムーズに完了。出発時、返却ステーションの状況をチェックし、「貸出可能7、駐輪可能0」となっているのが気になったが、まあポートが一杯だったら少し離れた別のステーションに行けばいいや、と走り出す。

現地に着くと、ポートが2つ空いた状態(止まっている自転車は6台)で、「空いてる、ラッキー!」と1つのポートに止めて、ロックし、返却手続き。しかし、「満車のため返却できません」と表示された(文章は少し違ったかも)。いや、確かに駐輪して、まだもう1つポートが空いてるんですけど。

f:id:nobu_o:20191222005048j:plain

(右から2番目が、私の止めた自転車。右端にはまだ空きポートがある。)

アプリで見ると、このステーションの状況は、変わらず「貸出可能7、駐輪可能0」と表示されている。

この時点で、利用時間の表示は22分。予定通り、片道140円で済んだはずだった。

 

サポートに電話したが

このような状況なので、FAQの「困った時」を見て、『ステーションに駐輪・施錠したがレンタル中のステータスが続いてしまっています。どうすればよいですか。』の項目に従い、「お客様サポート窓口」に電話。しかし、『ただいま混雑しています、順番にお繋ぎしていますのでしばらくお待ちください』のメッセージ(文言は少し違ったかも)。土曜日の朝8時台だけど混んでるのか...と5分ほど待つが、一向に繋がらない。イベントの開始時刻が近付くし、電話代も気になるし(フリーダイヤルではない。自転車代の15分70円よりはるかに高くつく...)、仕方なく電話を切り、イベント会場に向かう。

 

サポートにメールしたが

会場に入り、すぐに今度はメールでサポートに連絡。状況を説明し、証拠写真も添付。すぐに自動返信で『お客様のリクエストは受信され、現在弊社のサポートスタッフが調査しております。』とのメールが来た。しばらくしたらメールが来るだろう、利用時間22分で処理してくれるといいな、と考えながら待つ。

 

全然連絡が来ず、判断を迫られる

イベント参加中、早くメールが来ないか気になり、度々スマホをチェック。もしこちらの主張が聞いてもらえなかったら、この時間もどんどん料金が発生してるんだよな、いやそんな理不尽なことないよな、大丈夫だよな、と考えながら。

しかし、結局イベント終了後、駐輪場に戻ってもサポートから連絡なし。『サポートスタッフが調査している』って本当なのか?ちょっと怪しいな...

この時点で2時間47分経過、料金840円。おいおい...

f:id:nobu_o:20191222011809p:plain

帰る手段は、もちろんまた自転車を利用するしかない。ここで待っていてもすぐ返信が来る保証はない。次のいずれかの判断を迫られる。

(1) 往路に使用した自転車は、正規のポートに返却したのだから、このあとサポートから連絡が来て利用時間22分で処理してくれることを期待。すぐに証拠写真を送ってるし。「確かに返却した」と主張するためにも、復路には別の自転車を借用する?

(2) 返却が認められなかった場合、現時点の840円に加え、復路の140円で980円となる。もうほとんど上限の1000円(12時間料金)だ。別の自転車を使った場合、1台目はこのまま1000円に達し、それに加えて2台目の140円を払うことになる。あきらめて1000円を払ったほうが損害額は少ないことになる。往路と同じ自転車にする?

 

半ばあきらめ、同じ自転車で帰る

少し迷ったが、(2)の「同じ自転車を使う」と決断。上限1000円に達するから、もう時間を気にせず寄り道もできるし。

たっぷり寄り道するつもりだったが、すぐにバッテリーがほとんどないことに気付く。そんなに長時間利用するつもりなかったので、借用時にバッテリー残量なんて気にしてなかった。最終的に、実走行時間たったの50分ほどで、残り走行可能距離わずか8kmとの表示で、あきらめて返却。

f:id:nobu_o:20191222020031j:plain

 

結局、サポートからの連絡は未だにありません。

サポートにメールをして17時間が経過した現在も、サポートからの連絡は何もありません。時間貸しのサービスって、割と迅速なサポート体制が必須だと思うんですけど...

 

不備に感じた点まとめ

・ステーションの利用可能台数、空きポート数の表示が間違っていた

・正規の空きポートに止めても、「空きポート数表示の誤り」により返却を認めてもらえなかった

・サポート電話がつながらない、フリーダイヤルではないのに延々と待たされる

・サポートにメールすると「調査中」とまるですぐに返信が来るかのような自動返信メールが来るが、全く音沙汰なし

・実走行時間50分で充電切れ

 

【2019.12.23 追記】メール連絡してから丸2日以上が経過した、本日13:15、ようやくサポートからの返信がありました。それに対し、このブログのアドレスを伝えると共に、再度意見のメールを送りました。区切りがついた段階で、ここに記載します。

 

【2020.1.4 追記】2019.12.23のサポートからの連絡に対し、こちらから返信した内容を掲載します。

----------

HELLO CYCLING ご担当者様

ご連絡ありがとうございました。
今回の経緯は、はてなブログにて公表させていただいております。
http://nobu-o.hatenablog.jp/entry/2019/12/22/020821

 

> また、自転車の台数の管理はラックではなくシステムで行っておりますので、現地を目視で判断して頂くのではなく、アプリ・WEBサイトにて返却可能数やステーション状態が返却可能となっているかどうかの確認をお願いします。

 

不満に感じるのは、そのシステム自体が正確な「貸出可能」「駐輪可能」の数値を示していなかったと思われる点です。
ラックが空いているのに「駐輪可能ではない」としている理由があるのでしょうか(返却予約の件は承知していますが、今回はアプリ上ではずっと駐輪可能ゼロ、返却予約もゼロであったと確認しています)。
それとも運用上何らかの原因で、システム上の数値と実際の数に齟齬が生じていたのでしょうか。

ステーションの現地で、空きラックがあって、アプリ上で「駐輪可能ゼロ、返却予約ゼロ」となっていれば、『アプリの表示が誤っている。正規のラックに止めて、状況を連絡すれば、返却が認められるだろう。』と推測するのは、ごく当然の判断のように思えるのですが。

利用規約を確認しましたが、第15条では「シェアリング自転車の保管が可能なステーションにおいて」と記載されておりますが、これは『アプリ上で返却可能なステーション』なのか『空きラックがあり駐輪可能なステーション』なのか、不明確です。
同条4項では「会員が別のステーションに移動できない等の緊急の場合は運営事務局に連絡し、その指示に従うものとします。」とありますが、今回指示を仰ぐためにすぐにメールをし、「調査中です」とすぐに連絡があると思わせる返信があったにも関わらず、返信をいただいたのは2日以上経過した後でした。

以上、利用者からの意見として、ご検討いただければ幸いです。
(本メールに対する返信は、あってもなくてもどちらでも構いません。)

----------

上記メールに対して返信はなく、12月30日に「ご利用料金の変更およびご返金の処理が完了いたしました」との事務的なメールが届き、利用料金が140円に修正され、860円が返金処理されるとのことです。

返金については別にどうでもいいのですが、今後このようなトラブルに対し早期に予防策・改善策が取られることを期待したいと思います。特にサポートの迅速な対応が肝要でしょう。

 

【2020.1.6 追記】本日、サポートよりメールをいただきました。本件について当ブログエントリの内容を確認し、当日の状況を調べたところ、該当ステーションにおけるメインテナンス作業によって自転車を移動させた際、それをサーバに登録しなかったことから、サーバ上は自転車が残ったままになっていた、とのことでした。今後はメインテナンス担当者に周知徹底するとのこと。単発的な人為的ミスということで、私も納得しました。大変丁寧なメールをいただき、モヤモヤが晴れた気分です。もう少し早く対応していただけると良かったのですが。

ForeAthlete 735XTJ ベルトが千切れました

5日前に ベルトが割れた記事 を載せましたが、その最後に書いたように、1年前に交換した旧ベルト(本体購入時の元々のベルト)に戻したのですが、長時間ビニールパックに入れて保管していたせいかゴムが劣化しており、みるみる裂け目が入り、昨日、とうとう半分ちぎれました。

f:id:nobu_o:20191122184712j:plain

仕方なく、5日前に取り外したベルト(この記事 で購入したもの)に戻しました。こちらも裂け目が入っていますので、ちぎれるのも時間の問題。

 

とうとう ForeAthlete 245 に移行の時期でしょうか。

 

ForeAthlete 735XTJ ベルトが割れてしまいました

1年ちょっと前に交換したベルトの一部が割れてしまい、ちぎれそうな状態になってしまいました。

1年前のベルト交換記事は こちら

 

ベルトの現状

いつも留めていた場所の穴が、もう傷んでいたのか、ベルトを外そうと引っ張った際に割れてしまったようです。

f:id:nobu_o:20191117152900j:plain

f:id:nobu_o:20191117152950j:plain

f:id:nobu_o:20191117153017j:plain

1年前に交換する前の旧ベルト(本体購入時の元々のベルト)は、2年弱使ってもこのような割れ方はしていませんでした。今回、そんなに強く引っ張った覚えもないのですが...やはり純正品ではないために少し品質が劣っていたのでしょうか?

 

幸い、旧ベルトを保管していたので、引っ張り出してきて、交換して再利用。まさかまた日の目を見ることになるとは...

 

(2019.11.22 追記) すぐに割れました... 記事

ForeAthlete 735XTJ ベルト止めを交換しました

腕時計のベルト止め(ベルトループ、バンドループ、遊環)は壊れるもののようで。

FA735を使い始めてちょうど1年後、ベルト止めが壊れました。半年以上、ベルトがぷらんぷらんしたまま使い続けましたが、ベルトごと交換して、もちろんベルト止めも復活。しかしまたしてもちょうど1年後の今年9月16日、ベルト止めが割れてしまいました...

 

ベルト止めをアマゾンで注文

アマゾンで「ベルト止め」を検索すると、たくさんヒット。その中で、価格的にもレビュー的にも良さそうな、こちらを注文。(2個入り490円、送料無料)

 

Randon(ランドン) 【サイズ保証】時計 バンド ベルト ループ 遊環 交換 修理 22mm Randon ウレタンバンド ベルトループ スント ウレタン

https://www.amazon.co.jp/dp/B0125UGFZG/ref=pe_2107282_266464282_TE_3p_dp_1

サイズはバンド幅を定規で測って、22mmのものを選択。

 

到着

注文2日後に到着。

f:id:nobu_o:20190920181620j:plain

左:割れたもの。右:今回買ったもの。

f:id:nobu_o:20190920181723j:plain

f:id:nobu_o:20190920181744j:plain

質感はちょっと違うけど、安いので仕方ない。

 

装着

ベルト止めがなくなってる My FA735。

f:id:nobu_o:20190920181955j:plain

前回 ベルト交換した時 に付属していたねじ回しを使って、ベルトを外し、装着。実に簡単。

f:id:nobu_o:20190920182214j:plain

ループの隙間はこんな感じ。

f:id:nobu_o:20190920182332j:plain

腕に装着したところ。

f:id:nobu_o:20190920182404j:plain

まったく問題なし。

もうそろそろFA735も丸3年ですが、もうちょっと使おうと思います。

 

100均で「まもるっく」端末用ケース

離れて暮らす父親(80代)の見守りに、これまでソフトバンクのみまもりケータイを使用していましたが、2019年11月末をもって機能が停止するとのことで、代替を探しました。

ALSOKの「まもるっく」に決定しまして、その端末に合うケースを100均で探しました(純正品は2000円以上しますので...)。

ダイソーとセリアにて、スマホ・携帯ケース、ランニング時にスマホを入れて腕に巻くケース、工具をベルトからぶら下げるためのケース、タバコケースなどをイメージして探したのですが、結局ベストと思われたのが、こちら。

f:id:nobu_o:20190829171756j:plain

ガラケーを入れてベルトに固定するケースです。なかなか見つからず、最大規模のダイソーでやっと見つけました。

f:id:nobu_o:20190829171931j:plain

裏にはベルトを通す穴があります。

まもるっくを収納した状態がこちら。

f:id:nobu_o:20190829172021j:plain

端末が非常に小さいためスカスカですが、落ちる心配などは無さそうです。転倒検知もある程度期待できるのではないかと。(転倒検知が使いたいため、ベルト固定型を探しました)。

f:id:nobu_o:20190829172157j:plain

中に入れて、ボタンを留めた状態。ボタンは結構かため。ケースの上から緊急ボタンを押すことはできそうにありません。ボタンを開けて取り出す必要があります。透明なビニール製などであれば、入れたまま緊急ボタンを押せるのかも知れませんが、そのような製品は見つかりませんでした。完全密閉ではないので、呼び出し音などは気付きやすそうです。

(追記:今気付きましたが、ボタンを留めたままでも、側面の穴から指を突っ込んで簡単に緊急ボタンを押せそうです (^_^;))

f:id:nobu_o:20190829172504j:plain f:id:nobu_o:20190829172523j:plain

かなり隙間がありますね... まあ、お年寄りにも取り出しやすいからいいか。ストラップも一緒に収納できるかも。これはブラックですが、他にネイビー・ブラウン色もありました。

本当は、もうちょっと小さくフィットするもの(ベルトに通せる、という条件で。)が良かったのですが、他に見つかったのはこれより大きい製品ばかり。最近のスマホ、大きいですからね...

あとは、耐久性がどの程度か、気になるところです。

以上、どなたかのご参考になれば。