GARMIN でライフログを取ってます。ブログ

vivosmart J → vivosmart J HR+ → ForeAthlete 735XTJ → FA735 & vivomove Style → MARQ Adventurer。超初心者ランナー。

MARQ専用ウォッチフェイス

MARQを使い始めて約3ヶ月。先日久しぶりに Connect IQ ストアでウォッチフェイスを漁っていると、MARQのみ対応となっているウォッチフェイスを見つけたのでご紹介します。

ウォッチフェイスについては以前も記事にしています→ MARQ Adventurer のウォッチフェイス

 

MARQ専用ウォッチフェイス

今回見つけたMARQ専用ウォッチフェイスは、ズバリ「エクスペディション」「Captain」「Aviator」「Commander」の4種類。MARQシリーズのモデル名と同じですね。Adventurerの旧名がエクスペディションです。いずれも、Garmin謹製のウォッチフェイスです。

 

まずは「エクスペディション」

f:id:nobu_o:20200920162539p:plain

まず気になるのがダウンロード数。他のウォッチフェイスも同様ですが、200~300回程度。このフェイスのリリース日は3月12日で、半年以上経つんですが。MARQシリーズ、全世界でどのくらい売れてるんでしょうか。(^_^;)

評価が1.0ですが、評価数たった1なので参考にならない。見た目カッコよさそうなので、早速インストールしてみました。

f:id:nobu_o:20200920163059j:plain

これが、とってもカッコ良いです!ラグジュアリーです!現在、ほぼこれを使ってます。重い(147kB、ウィジェットとの切替に少しタイムラグがある)こととフォントがやや小さく見づらいのが欠点ですが。針はとっても見やすい。上の写真では秒針が表示されていませんが、顔の前に持ってくる動作で秒針が表示され、数秒後に消えます(他の多くのウォッチフェイスと同様)。

左上と右下のゲージは、以下の中から選択可能。「バッテリー」「ステップ数」「上昇階数」「週間運動量」(いずれも%表示のみ)

左下の小窓は、以下の中から選択可能。「バッテリー」「ステップ数」「上昇階数・目標」「週間運動量」「カロリー」「平均心拍」「通知数」「距離」「高度」「気圧」「デジタル時計」「アラーム数」「世界標準時」「平均カロリー」「平均ステップ数」「週間ステップ数」「平均距離」「週間距離」「上昇階数」「下降階数」「第2タイムゾーン

右上の日付は、「日付+月」「日付+曜日」から選択可能。

色のバリエーションも5種類ありますが、正直見た目あまり変わりません。あと、スマホ接続中は右上にブルートゥースマークが表示されます。

f:id:nobu_o:20200920171947j:plain

 

他のウォッチフェイスは使用していませんので、Connect IQストアの表示だけ紹介します。

「Captain」

f:id:nobu_o:20200920165202p:plain

「Aviator」

f:id:nobu_o:20200920165258p:plain

「Commander」

f:id:nobu_o:20200920165345p:plain

どれもカッコ良いですね!

 

他シリーズでも使えるウォッチフェイス

さて、MARQシリーズには他に Athlete, Driver, Golfer がありますが、実はウォッチフェイス「Athele」「Driver」もあり、これらは他のガーミンウォッチ(Fenix, ForeAthlete, Venu, Vivoactive等)にも対応となっています(従ってダウンロード数が多い)。これらも Garmin謹製です。(「Golfer」の代わりに「プロゴルファー」という謹製ウォッチフェイスもありますが、ちょっと雰囲気が違うので割愛)

 

「Athele」

f:id:nobu_o:20200920170402p:plain

「Driver」

f:id:nobu_o:20200920170449p:plain

これらもカッコ良く、Garmin謹製にしては (^^;) 評価が高いですね。

 

(2020.10.9追記)→ おすすめウォッチフェイス「Athele」