GARMIN でライフログを取ってます。ブログ

vivosmart J → vivosmart J HR+ → ForeAthlete 735XTJ。超初心者ランナー。アラフォーの視点でありきたりじゃないことを適当に書いていきたい。

タニタ体重計RD-902 導入

体重計を買い換えました。(正確には体組成計というのでしょうか。)

 

これまで使っていたのは、10年以上前に購入した タニタ インナースキャン BC-600。手でグリップを握るタイプで、左右の手足毎に筋肉量・脂肪量を表示できました。しかし、スマホ連携はもちろんできないし、10年以上経てばきっと技術も向上していて、体脂肪など、より正確に測れるようになってるんじゃないかと思い、新機種を検討。(あと、10年も経って白い本体がかなり色褪せてきたので...)

 

今回購入したのは、タニタ インナースキャンデュアル RD-902。グリップは無く、左右別は表示されません。同シリーズにRD-903がありますが、違いは

  • 体重等が 0.05kg刻み(RD-903) か 0.1kg刻み(RD-902) か。
  • 基礎代謝量」「体内年齢」「体水分率」の3項目が、本体でも確認できる(RD-903) かスマホのみ(RD-902) か。

の2点のようです。現状の価格差はAmazonヨドバシで 6000~7000円。0.1kg 刻みで十分だし、スマホを使うので、安いほうの RD-902 にしました。

1点気になったのは、タニタのサイトの対応スマホリストに、私のスマホ Zenfone2 が載ってないこと。Amazonのレビューに一つだけ Zenfone2 で使っている、と書かれてた方がいたので、それを信じて購入。

 

購入・計測

ヨドバシ.com で 15,800円(税込)-10%ポイント、で購入。 説明書にしたがってandroidアプリ「Health Planet」をインストール。無事にBluetoothでペアリング完了。妻のiPhoneももちろん問題なく接続。

 

説明書に従うと、測定の手順は

  1. スマホアプリを立ち上げる
  2. 「データを入力」をタップ→「体組成計から入力」をタップ→ 体重計の起動待ち(2~3秒?)
  3. 体重計に乗って測定(4~5秒?)

これで結果が本体とスマホ画面にすぐ表示されます。私はいつも入浴直前の素っ裸の状態で測るので、毎回脱衣所にスマホを持ち込んでこれをやるの!?と思いましたが、スマホ無しでも

  1. そのまま体重計に乗る(自動的に起動、人物も自動判別)。データは本体メモリに記憶される。
  2. 次回スマホを使って上記1.~3.の手順をすれば、未転送のデータも一緒に転送される。

で大丈夫です。本体のメモリは10件までなので、1日1回の測定なら、週1くらいでスマホに転送すれば大丈夫ですね。といっても私はすぐに確認したい派なので、今のところ毎日転送してますが。

1点だけ困ったのは、アプリ上で目標体重を設定するのが、1kg刻みしかできなかったこと。55.5kg を目標にしたかったのに、できませんでした。55kg は少なすぎるので、仕方なく56kg に。

 

データ比較

4日間、旧機種のBC-600 でも測定し、共通項目について比較してみました。

セル内2段目のカッコ内は、同機種前日からの変化です。また、内臓脂肪レベルの値は、RD-902は0.5刻み、BC-600は1刻みとなっています。

 

3月5日RD-902BC-600
体重(kg) 57.6 57.5 +0.1
体脂肪率(%) 13.7 12.9 +0.8
筋肉量(kg) 47.1 47.5 -0.4
内臓脂肪レベル 4.5 4 +0.5
基礎代謝量(kcal) 1352 1362 -10
推定骨量(kg) 2.6 2.6 0

 

3月6日RD-902BC-600
体重(kg) 57.8
(+0.2)
57.7
(+0.2)
+0.1
体脂肪率(%) 13.1
(-0.6)
12.9
(0)
+0.2
筋肉量(kg) 47.6
(+0.5)
47.6
(+0.1)
0
内臓脂肪レベル 4.5
(0)
4
(0)
+0.5
基礎代謝量(kcal) 1366
(+14)
1367
(+5)
-1
推定骨量(kg) 2.6
(0)
2.6
(0)
0

 

3月7日RD-902BC-600
体重(kg) 56.9
(-0.9)
56.9
(-0.8)
0
体脂肪率(%) 13.3
(+0.2)
13.2
(+0.3)
+0.1
筋肉量(kg) 46.7
(-0.9)
46.8
(-0.8)
-0.1
内臓脂肪レベル 4.5
(0)
4
(0)
+0.5
基礎代謝量(kcal) 1340
(-26)
1342
(-25)
-2
推定骨量(kg) 2.6
(0)
2.6
(0)
0

 

3月8日RD-902BC-600
体重(kg) 57.6
(+0.7)
57.6
(+0.7)
0
体脂肪率(%) 12.6
(-0.7)
12.2
(-1.0)
+0.4
筋肉量(kg) 47.7
(+1.0)
47.9
(+1.1)
-0.2
内臓脂肪レベル 4.0
(-0.5)
3
(-1)
+1.0
基礎代謝量(kcal) 1368
(+28)
1375
(+33)
-7
推定骨量(kg) 2.6(0) 2.6(0) 0

 

上記4日間の、差の列を並べたもの。

3月5日3月6日3月7日3月8日
体重(kg) +0.1 +0.1 0 0
体脂肪率(%) +0.8 +0.2 +0.1 +0.4
筋肉量(kg) -0.4 0 -0.1 -0.2
内臓脂肪レベル +0.5 +0.5 +0.5 +1.0
基礎代謝量(kcal) -10 -1 -2 -7
推定骨量(kg) 0 0 0 0

 説明書には、「食事後2時間以上あけての測定が望ましい」と書いてありましたが、3月5日は夕食直後の測定でした。差が大きくなったのは、それが一因かも知れません。

普段は56kg前半なのですが、この時期は少し太ってますね... (^_^;) 目標達成が遠そうです...

 

Garmin Connect との並行利用

Garmin Connect には、vivosmart の歩数・睡眠データはBluetooth で転送されますが、体重計で測った体重データも毎日手動で入力して、グラフを描かせていました。

タニタのほうで体重グラフが見れるようになったわけですが、Garminには1年以上の蓄積データがあるので、もったいないので手動入力を続けています。これまでは「あれ、昨日の体重いくらだったかな?」と困ることもしばしばあったのですが、今はタニタのアプリで体重確認→Garminアプリに入力、なので困ることはありません。

逆に、タニタアプリには、歩数データを手動入力しています。毎朝通勤途中に、体重データと歩数データを相互に手入力しているわけです。そのうちデータが蓄積されてきたら止めると思いますが (^_^;)